バス釣りをワンランク上のレベルへ上がるためのウェブメディア

バス釣り1ステップ!

ワーム

デプスのキンクーエアの特徴と使いかたを解説

投稿日:

デプスの定番ストレートワームといえば、キンクー。

バリッとマテリアルが硬くて、ストレートワームなんだけど硬い波動を出すことができる。

春とかネチッと一点でバスを誘いたいときにネコリグの一点シェイクで使っていた管理人。

 

そんなキンクーから柔らかいキンクーが出ました。

デプスが好きなんだけど、硬いマテリアルのキンクーみたいなストレートワームがあまり好きじゃない。

 

そんな人でもこれからは存分にキンクーエアでデプスのストレートワームを堪能することができます。

  スポンサーリンク

キンクーエアの特徴

オリジナルキンクーに比べてしなやかな動き

自発的アクション

この2つが特徴かと。

しなやかアクション

キンクーエアの強みはしなやかなアクション。

エアホールを搭載していることによって、オリジナルよりも柔らかい動きを出すことができます。

自発的アクション

ラバージグが未だに釣れ続ける理由。

それはラバーのユラユラとした自発的なアクションです。

自発アクションはラインの存在も消えるし、動きがナチュラル。

そんな自発アクションを引き出すことができるのがキンクーエアです。

キンクーエアの使い方

エアーホール搭載により、ナチュラルな動きが可能。

よって、自発的な動きを優先して使いたいところです。

 

ボトムを中心に釣っていきたいならネコリグ。

中層を中心に釣っていくならノーシンカーというチョイスが堅実かと。

まとめ

キンクーをガチで使っている人を見たことがないんですよね。

 

理由はマテリアルの硬さかなと個人的に思ってます。

だって硬いワームって、扱いにくいし、アクションも硬いし、つい柔らかいワームを使いたくなるじゃないですか。

 

ですが、ナチュラルアクションのキンクーエアの登場により、デプスのストレートワームユーザーは増えていくかと。

他の釣り人と差がつく記事

no image 1

12月だからって、もうダウンショットとかメタルバイブを使っていませんか?   12月だからって、初売りでタックルを買うことばかり考えていませんか? よーし今年の初売りは16アンタレスDCを買 ...

2

バスアングラーって、リールを選ぶときに一番気にするのがやっぱり飛距離なんじゃないかなと。   理由としては僕自信の経験から。 中学生のときは初代アンタレスに憧れていた。 高校時代はカナモさん ...

3

キュイーン! キャストした瞬間からサラリーマンはバスフィッシャーマンになる。   世の中のお父さん、お仕事お疲れ様です。 嫌な上司、扱いづらい部下。 そういった環境で働いているあなたにこそア ...

-ワーム
-

Copyright© バス釣り1ステップ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.