バス釣りをワンランク上のレベルへ上がるためのウェブメディア

バス釣り1ステップ!

スイムベイト

ステルススイマー小南モデルのインプレと使い方!琵琶湖じゃなくても野池でもイケる!!

更新日:

ステルスイマーのインプレと使い方

2つ入って2000円です。お得ですよね。

スイムベイトって、1つで1500円ぐらいしますからね。

 

イマカツのルアーって性能がいいから値段が高いのがネックだったけど、スイムベイトに関してはコスパに優れています。

それが素直にいいなと思いましたね。

 

コスパに優れているだけじゃなくて今江さんがトーナメントでガチで使うだけに性能もガチなステルススイマーの特徴と使い方を解説していきます。

  スポンサーリンク

ステルススイマーの特徴

イマカツのステルススイマーの特徴は以下のとおり。

フックが隠れている

ヘビーウエイトモデルがラインナップされている

バクラトスイマー譲りの釣れるアクション

コスパに優れている

フックが隠れているシステム

フックが隠れているシステムw

バカっぽい表現になってしまいましたね。

 

スイムベイトって、トレブルフックがむき出しのイメージが強くないですか??

もちろんそれも全然アリ。

 

だけど、それはリザーバーがメインのバスアングラー。

僕ら野池メインのアングラーなんかはとにかくカバーに絡める釣りがほとんど。

 

ウッドカバーだったり、ボトムの障害物だったり、ウィードだったり。

釣れそうなポイント=カバーが絡んでいる。

基本的にはこんなイメージですよね。

 

そう考えるとフックがむき出しのスイムベイトって結構無理があります。

本気で釣るならステルススイマーみたいなフックが隠れているシステムが現場向きです。

 

トレブルフックがむき出しのスイムベイトはリザーバーとかのフックにゴミが絡まないところで使いたいところです。

それ以外は基本的にステルススイマーといった感じになっています。僕は。

ちなみにブラックバスがこのルアーをバイトすると、フックが飛び出るシステムになっています。

これ手でやってみるとすぐわかりますが、すごくフッキング率がいいです。

ヘビーウエイトがラインナップされている

ステルスイマーのインプレと使い方

琵琶湖のマークがあるのわかります?これヘビーウエイトの証です。

飛ぶスイムベイトは結構ある。

だけど、気持ちよく飛んでくれるスイムベイトは少ない。

 

イマカツのステルススイマーには投げていて気持ちよくて釣りのリズムを作れるスイムベイトです。

なぜならヘビーウエイトモデルがラインナップされているから。

 

これを考えてくれた琵琶湖プロガイドの小南さん。ありがとう。

僕らおかっぱりアングラーはテクニックとかよりも、

飛距離です!!

 

どんだけ釣れるアクションのルアーであろうと、

飛距離です!!!

 

だって飛距離があれば誰も釣らないポイントを釣ることができるでしょ??

野池の対岸にファットイカを投げると簡単に釣れるのもその理由かと。

 

このポイントにスイムベイトくるの?!

バスがそう思ってしまうようなエリアにスイムベイトを投げ込んでいきましょう。

コスパに優れている

ステルススイマー

2個入って2000円でした。

安いです。

 

久しぶりにイマカツっていいなって思いましたよ。

これだけの性能で2個で2000円って、イマカツすごいです。

 

僕の中でイマカツルアーお気に入りの1つに入りましたよこのルアーは。

2000円って聞くと身構える人がいるけど、2個入っていますからね??

 

1個あたり1000円です。

スイムベイトって、デカバスが釣れる可能性の高いルアーです。

 

それを1個1000円で使えるって、かなり恵まれている時代です。

バクラトスイマー譲りのアクション

ゆっくり巻いてもテールが動いてくれる。

早く巻いてもしっかりアクションしてくれる。

 

使ってみた感想としてはバクラトスイマー譲りのアクションだなと。

そりゃイマカツからリリースされていたらそうなるか。

 

昔人気だったバクラトスイマー。

真冬でもバクラトスイマーをボトムでずる引きしているとよく釣れました。

だけど、だんだん釣り具屋で見かけなくなりましたw

 

正直困っていました。

そこでこのスイムベイトの登場です。

 

バクラトスイマーの入手に苦戦しているかたはステルススイマーを使ってみては?

使い方は何かにコンタクトさせる

中層を一定層で巻くのも全然アリ。

だけど、このルアー釣れるわ!!って実感するのはカバーにコンタクトさせながら使うことです。

 

そのためにフックが隠れています。

ウィード、ウッドカバー、テトラなどなど。

なかでもボトムのズル引きが激アツです。

 

ちょっと動かしただけでもアクションしてくれるステルススイマーだからこそボトムのずる引きがよかったりします。

他にもいろんな使い方があります

ステルススイマーの使い方説明書

解説が超詳しいです。

もうこれだけでも価値あるんじゃね?!ってくらいしっかり文章が書かれています。

 

ほかのスイムベイトでも応用できることが書いてあるこのルアーの説明書はぜひとも読んでおきたいものです。

いろんな使い方が書いてあるので、極めたい人は説明書に書かれていることをすべて実践するぐらいの気持ちで読みたいところですね。

まとめ

飛ぶし安いし釣れる。

牛丼といったら吉野家ですよね?

 

スイムベイトといったらステルススイマー。

そんな感じになっています。

他の釣り人と差がつく記事

no image 1

12月だからって、もうダウンショットとかメタルバイブを使っていませんか?   12月だからって、初売りでタックルを買うことばかり考えていませんか? よーし今年の初売りは16アンタレスDCを買 ...

2

バスアングラーって、リールを選ぶときに一番気にするのがやっぱり飛距離なんじゃないかなと。   理由としては僕自信の経験から。 中学生のときは初代アンタレスに憧れていた。 高校時代はカナモさん ...

3

キュイーン! キャストした瞬間からサラリーマンはバスフィッシャーマンになる。   世の中のお父さん、お仕事お疲れ様です。 嫌な上司、扱いづらい部下。 そういった環境で働いているあなたにこそア ...

-スイムベイト

Copyright© バス釣り1ステップ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.