バス釣りをワンランク上のレベルへ上がるためのウェブメディア

バス釣り1ステップ!

ワーム

イマカツのダイナゴンのインプレ!ライトテキサスという使い方もアリ

投稿日:

イマカツからリリースされているダイナゴン。

 

個人的にはファットイカを越す飛距離を叩き出してくれると感じています。

すげー飛ぶ高比重ワーム!

そんな印象を持っているダイナゴンです。

 

でも、このダイナゴンのいいところって、飛距離だけじゃない。

 

ライトテキサスで使ったときのトリッキーなアクションも超魅力的でバスにスイッチを入れやすい。

イマカツのなかでもかなりの名作に入るダイナゴン。

最近ではダイナゴンneoとしてリニューアルされています。

そんなイマカツのダイナゴンの特徴と使い方を解説していきます。

  スポンサーリンク

イマカツのダイナゴンの特徴

イマカツのダイナゴンの特徴は以下の通り。

かなり塩が入っている超高比重ワーム

テキサスとしても使える

この2つがこのワームのいいところ。

塩の比重が圧倒的

このダイナゴンは塩の密度が違います。

 

ファットイカは塩が全体に配合されているイメージ。

ダイナゴンはものすごく塩を握りつぶして、ワームに閉じ込めたイメージ。

 

ファットイカに比べて、ダイナゴンは塩の重みが違います。

だから向かい風でもしっかりキャストできるキャスタビリティを持っているのもいいところです。

テキサスとしても使える

ダイナゴンは高比重ワームのなかでも比重のあるワーム。

 

比重のあるワームって、瞬発力があるんですよね。

 

高比重であるゲーリーヤマモトのセンコーなんかは、トゥイッチしたときのダート感がよくて瞬発力があります。

それはストレートワームで形状的にも水の抵抗がないため。

 

ダイナゴンも無駄なパーツがないので、瞬発的なアクションをしてくれます。

 

そして、それはテキサスとして利用するとさらに効果を発揮します。

テキサスで半根がかり状態から外したときの瞬発的な動き。

 

輪ゴムって、引っ張って離すと勢いよくパンッ!となりますよね?

 

ダイナゴンのテキサスもそんな感じ瞬間的にパンッ!とダートしてくれます。

これがダイナゴンをテキサスで利用する最大のメリットです。

ダイナゴンの使い方

使い方はノーシンカーかライトテキサスが定番です。

ファットイカはノーシンカーだと最高だけど、テキサスとなるとちょっと違うかなと。

 

その点、ダイナゴンはノーシンカーでもライトテキサスでもいけるということで使い勝手が抜群です。

 

最初はノーシンカーで食わせを重視した使い方で探る。

それで反応がなかったら、ペグ止めなしのライトテキサスで瞬発的な動きでリアクション的に誘う。

 

そういった2通りの使い方ができるのはおかっぱりでもかなりメリットがありますよね。

まとめ

高比重ワームといえば、ファットイカ。

 

すごい飛ぶしよく釣れる。

 

それは誰もが認めること。

 

だけどダイナゴンも負けていません。

ノーシンカーだけでなくテキサスとして使えるダイナゴンはファットイカよりも幅広い状況に対応してくれて個人的には好きです。

他の釣り人と差がつく記事

no image 1

12月だからって、もうダウンショットとかメタルバイブを使っていませんか?   12月だからって、初売りでタックルを買うことばかり考えていませんか? よーし今年の初売りは16アンタレスDCを買 ...

2

バスアングラーって、リールを選ぶときに一番気にするのがやっぱり飛距離なんじゃないかなと。   理由としては僕自信の経験から。 中学生のときは初代アンタレスに憧れていた。 高校時代はカナモさん ...

3

キュイーン! キャストした瞬間からサラリーマンはバスフィッシャーマンになる。   世の中のお父さん、お仕事お疲れ様です。 嫌な上司、扱いづらい部下。 そういった環境で働いているあなたにこそア ...

-ワーム
-

Copyright© バス釣り1ステップ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.