バス釣りをワンランク上のレベルへ上がるためのウェブメディア

バス釣り1ステップ!

ベイトリール

17バスワンxt150をインプレ!バスライズとは違う飛距離が出せるベイトリール

投稿日:

最近は18バスライズが注目されがち。

だけどバスライズよりもちょっと頑張って17バスワンxtを購入出来る人はぜひともコチラを。

 

そんな印象を持っている17バスワンxt150。

18バスライズは確かに魅力的。

だけどバスワンxtとは確実に違うところが1つあります。

 

それがブレーキシステム!!

18バスライズはマグブレーキなのに対して、17バスワンxt150は遠心ブレーキを採用しています。

 

マグブレーキは安定してキャストができるんだけど飛距離を伸ばしていくのは構造上難しい。

逆に遠心ブレーキはサミングのレベルがあがるたびに飛距離が伸びるブレーキシステムになっています。

 

琵琶湖、野池なんかのおかっぱりで飛距離を出していきたい人にとっては遠心ブレーキのベイトリールの導入は考えていきたいところ。

 

ということで18バスライズなんかのエントリーモデルからのステップアップとして検討したい17バスワンxt150の個人的な印象を解説していきます。

  スポンサーリンク

17バスワンxt150のスペック

17バスワンのスペックは以下のような感じになっています。

 

自重・・・210g

糸巻き量・・・16ポンド100m

ギア比・・・7.2(ハンドル1回転あたりの糸巻き量77㎝)

スペックをパッと見た感じだと18バスライズと変わりがないんじゃないかと思いますよね。

 

だけど、18バスライズには備わっていない技術がこのリールに詰め込まれています。

17バスワンxtに導入されている技術

17バスワンxt150に導入されている技術は以下のとおり。

 

SVS

A-RB

スーパーフリースプール

 

SVSという遠心ブレーキが搭載されているのと、スーパーフリースプールを搭載しているのが個人的にはツボなところ。

 

この2つの技術を詰め込まれていることで、18バスライズのようなマグブレーキリールよりも飛距離が出せる構造になっています。

17バスワンxtと18バスライズの比較

バスワンとバスライズを比較してどっちがいいのか??

そういった風に考えている人に一言。

 

飛距離を出すなら遠心ブレーキのバスワン。

とにかく安く釣りができればいいという人はバスライズ。

 

そんな感じです。

まとめ

なぜか海外釣行に頻繁にいくアングラーがよく愛用しているバスワンxt。

 

理由はきっと適度なラインキャパとリール自体の強度。

琵琶湖のロコアングラーで17バスワンxt150を愛用している人をよく見ます。

 

エントリーモデルからのステップアップとして17バスワンxtの選択は堅実かと。

他の釣り人と差がつく記事

no image 1

12月だからって、もうダウンショットとかメタルバイブを使っていませんか?   12月だからって、初売りでタックルを買うことばかり考えていませんか? よーし今年の初売りは16アンタレスDCを買 ...

2

バスアングラーって、リールを選ぶときに一番気にするのがやっぱり飛距離なんじゃないかなと。   理由としては僕自信の経験から。 中学生のときは初代アンタレスに憧れていた。 高校時代はカナモさん ...

3

キュイーン! キャストした瞬間からサラリーマンはバスフィッシャーマンになる。   世の中のお父さん、お仕事お疲れ様です。 嫌な上司、扱いづらい部下。 そういった環境で働いているあなたにこそア ...

-ベイトリール
-

Copyright© バス釣り1ステップ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.