バス釣りをワンランク上のレベルへ上がるためのウェブメディア

バス釣り1ステップ!

ベイトリール

ダイワのT3エアをインプレ!ssairとの比較をして飛距離とかを考えてみた

投稿日:

ダイワのハイエンドベイトフィネス専用機であるT3エア。

T3エアは発売されてからだいぶ経ちますが、ダイワのハイエンドリールであることは確か。

 

Tウイングシステムとエアブレーキを搭載したスプールの相乗効果。

スモラバとかネコリグなんかを低弾道でピッチングしていきたい。

 

そういったときにTウイングシステムを搭載しているT3エアはかなり実践向きなリールであることは間違いないかと。

ガチなベイトフィネスを体感してみたい。

 

そういった人にぜひとも検討してほしいのがT3エアです。

そんなダイワからリリースされているT3エアの特徴をみて感じた印象をまとめました。

  スポンサーリンク

T3airのスペック

T3エアのスペックは以下のとおり。

自重・・・160g

ギア比・・・6.8と8.6

糸巻き量・・・8ポンド50m

スプール径・・・32ミリ

 

ギア比8.6のエクストラハイギアに8ポンド50mという浅溝スプール。

 

こういったスペックはベイトフィネスの定番。

だけどさきがけはこのリールらへんですよね。

Tウイングシステム搭載が魅力的

いまの時代のベイトフィネス専用機って、本当にどれも優秀だしコスパに優れているモデルが数多くあります。

 

なので、近距離でアシ打ちをするなら、どのベイトフィネスでも対応できるかと。

 

だけど、小型のスモールプラグとかシャッドである程度飛距離を出していくなら話は別。

 

このT3airはTWSを搭載しているので、通常のベイトフィネスリールよりも飛距離は出ます。

 

なので、小型プラグをミドル~ロングディスタンスでテンポよく釣っていきたいなら、T3エアという選択は堅実かと。

ssエアとT3エアの比較

T3エアと比較したいモデル。

それがssエアです。

T3エア

自重が160g

TWSが搭載

ギア比8.6

実売価格が45000円くらい

SSエア

自重が145g

ギア比8.1

ノーマルギアがラインナップされていない

実売価格が30000円くらい

 

スプール径と糸巻き量が同じだけど若干の違いがある両者。

スペックを比較してみるとわかりますが、T3エアのほうが自重が重いです。

だけどT3エアのほうがSSエアよりも飛びます。

 

そしてT3はノーマルギアがラインナップされているのに、SSエアはハイギアのみのラインナップになっています。

 

なので、ネコリグとかを近距離で打っていくだけの釣りだったらSSエアのほうが自重が軽いしメリットはある。

だけど飛距離を重視した小型プラグの釣りだったらT3エアのほうがメリットが多いといった感じですね。

まとめ

優秀なベイトフィネスのリールは各社からラインナップされています。

 

だけど飛距離を重視したベイトフィネスのリールってダイワくらいかと。

TWSが搭載されているベイトフィネス専用機といったら、やっぱりT3エアといった感じですね。

他の釣り人と差がつく記事

no image 1

12月だからって、もうダウンショットとかメタルバイブを使っていませんか?   12月だからって、初売りでタックルを買うことばかり考えていませんか? よーし今年の初売りは16アンタレスDCを買 ...

2

バスアングラーって、リールを選ぶときに一番気にするのがやっぱり飛距離なんじゃないかなと。   理由としては僕自信の経験から。 中学生のときは初代アンタレスに憧れていた。 高校時代はカナモさん ...

3

キュイーン! キャストした瞬間からサラリーマンはバスフィッシャーマンになる。   世の中のお父さん、お仕事お疲れ様です。 嫌な上司、扱いづらい部下。 そういった環境で働いているあなたにこそア ...

-ベイトリール
-

Copyright© バス釣り1ステップ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.