バス釣りをワンランク上のレベルへ上がるためのウェブメディア

バス釣り1ステップ!

ベイトリール

ZBLACK2020SHLTDをインプレ!スプール径38ミリでビックベイトもバッチリ飛距離が出る

投稿日:

ダイワの超剛性が高いベイトリールと言ったらZシリーズ。

 

そのZシリーズからリミテッドモデルとしてリリースされているZBLACK2020SHLTD。

 

このリミテッドモデルはドラグ力をパワーアップさせて、さらにパワーフィッシングに特化したモデルになっています。

 

そんなダイワのZブラック2020リミテッドのスペックをみて僕が思った印象をまとめました。

  スポンサーリンク

Zblack2020SHLTDのスペック

Zブラックリミテッドのスペックは以下のとおり。

 

自重・・・265g

糸巻き量・・・20ポンド230m

スプール径・・・38ミリ

ギア比・・・7.2(ハンドル1回転あたりの糸巻き量85㎝)

 

個人的にいいなと思ったのが幅広い38ミリというスプール径。

 

アンタレスとかカルコンなんかのビックベイトが投げやすいリールに共通するのはスプール径が大きいというところ。

 

特にビックベイトが投げやすいアンタレスのスプール径は37ミリ。

それよりも1ミリ大きいスプール径を持っているZブラックリミテッドは当然ビックベイトで飛距離を出せるかと。

ビックベイトなんかを永遠ゴリゴリ巻きたい

いわゆるバーサタイルリールでもビックベイトは普通に使えます。

 

だけど長期間使うとなるとやっぱりバーサタイルリールだとガタがくるもの。

 

無駄にゴリ感が出たりボディが歪んだりと。

これはフロッグとかパンチングなんかのパワーフィッシング全般に言えることですが、やっぱりパワーフィッシングには剛性の高いリールがベスト。

 

サイレントキラー250とかタイニークラッシュをゴリゴリと永遠巻いてくる釣り。

 

メディアでのビックベイトゲームは簡単に釣っているように見えます。

ですが、その背景には長期間アングラーが何千投と天候の悪い日も投げ続けている背景があります。

 

その苦行に耐えるベイトリールを望むならZ2020SHはベストな選択になるはずです。

まとめ

個人的にビックベイトをガチで使うなら14カルカッタコンクエスト200。

やっぱりシマノの丸型リールは剛性が違います。

 

だけど手が小さい人はどうしてもカルコン200は長時間の使用は体に負担がかかってきます。

 

そうなってきたときに使いたいのがロープロリール。

そのなかでもZ2020ブラックリミテッドは間違いなくビックベイトと相性がいいリールです。

 

手が小さくてロープロが使いやすい人にとって、このリールはベストかと。

丸型が平気な人は14カルカッタコンクエスト200も検討しておきたいところです。

14カルカッタコンクエスト200のインプレ

他の釣り人と差がつく記事

no image 1

12月だからって、もうダウンショットとかメタルバイブを使っていませんか?   12月だからって、初売りでタックルを買うことばかり考えていませんか? よーし今年の初売りは16アンタレスDCを買 ...

2

バスアングラーって、リールを選ぶときに一番気にするのがやっぱり飛距離なんじゃないかなと。   理由としては僕自信の経験から。 中学生のときは初代アンタレスに憧れていた。 高校時代はカナモさん ...

3

キュイーン! キャストした瞬間からサラリーマンはバスフィッシャーマンになる。   世の中のお父さん、お仕事お疲れ様です。 嫌な上司、扱いづらい部下。 そういった環境で働いているあなたにこそア ...

-ベイトリール
-

Copyright© バス釣り1ステップ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.