バス釣りをワンランク上のレベルへ上がるためのウェブメディア

バス釣り1ステップ!

ビックベイト

ファットラボのネコソギDSRのインプレ!使い方は根気よくただ巻き

投稿日:

ファットラボのネコソギdsrのインプレと使い方

このビックベイトなら釣れるきがする!!

そう思えるのがファットラボのネコソギシリーズです。

 

理由は1つ。

よく飛んで、集中して巻ける巻き感があるから。

 

ビックベイトに限らず、どんなルアーでも釣るためにはひたすら投げ込んでいく時期が必要です。

例えばスピナーベイトで釣ったことない人が、いきなりスピナーベイトを信じて投げ続けられるかと言われれば微妙なところです。

ですが、1度スピナーベイトでバスを釣れば信じて投げられるものです。

これは理屈とかじゃなくて、そういうもんなんです。

あなたもありませんか?信頼しているルアーの1つや2つ?

 

それって、そのルアーでいい思いをしたからですよね?

だから信頼して使えるんですよね。

 

ビックベイトも同じ。

最初は釣れるきがしない。だから最初の1匹がすごい大事。

 

その最初の1匹を釣るためには、投げ続けられるビックベイトが必要。

その要素が釣れる巻き感とキャストが気持ちいキャスタビリティ―。

 

その2つを満たしているのがファットラボのネコソギDSRです。

真冬でもこのネコソギで釣果が上がってくるのは、みんな投げ続けられるから。

 

そんなファットラボから発売されているネコソギDSRの特徴と使い方を解説していきます。

  スポンサーリンク

ファットラボのネコソギDSRの特徴

ファットラボのネコソギDSRの特徴は以下のとおり。

よく飛ぶ

巻き抵抗が強いのにアクションが弱い

よく飛ぶ

ネコソギDSRを使って驚いたのが、飛ぶ。

ビックベイトというジャンルのなかでは、

すげー飛ぶ。

 

えっ、すごい投げやすいんだけど。

素直にそう思いましたね。

 

気持ちよく飛ぶから、投げているだけで楽しい。

そして、

俺って、案外ビックベイト投げれるじゃん。

 

そういった心境になります。

それがビックベイトを1日やりきるための活力になってくれます。

巻き抵抗が強いのに弱いアクション

真冬でもネコソギはよく釣れる。

いや、真冬だからこそネコソギでの釣果はよく上がってきます。

 

その理由の1つが、

アクションが弱いというのに秘密があります。

 

真冬って、ブリブリ動くクランクとかよりもシャッドのほうがよく釣れます。

それはシャッドのような控えめなアクションをバスが好むから。

 

これはいろんなメディアでバスプロがシャッドで真冬に釣っていることが証明しているかと。

それはビックベイトも同じこと。

 

ブリブリと波動を出すビックベイトよりも控えめなアクションのビックベイトのほうがバイトチャンスは増えてきます。

その控えめなアクションをネコソギDSRは持っています。

 

そして、巻き抵抗があるというのがこのビックベイトのいいところ。

弱いアクションのビックベイトって、ほかにもあります。

 

たとえば、イマカツのアンドロイドをI字チューンしたやつとか。

もちろん、釣れる。

でもね、巻き抵抗が全然なくてやりきれないんだよね。

 

釣れるのはわかるんだけど、アングラーがやりきれない。

だから釣れない。

 

そのてん、ファットラボのネコソギDSRは巻き抵抗がある。

だから真冬によく釣れる弱いアクションを維持しながら、アングラーがやり切れる巻き抵抗を持っている。

 

これって、僕が知っている限りのビックベイトでは知りません。

シグナルのブラックデュラゴンデッドスローモデルも確かにゆっくり巻けるし、弱いアクション。だけど若干巻き抵抗が弱いから動いているかわからないんですよね。

ファットラボのネコソギDSRの使い方

どんなルアーでもそうですが、まずは1日投げ切ってみてください。

ただ巻くだけで釣れますから。

 

もちろん釣るポイントも大事ですが、まずは1日投げ切るのがもっと大事。

ビックベイトって、いくら釣れるものだとしても、ビックベイト。

基本的に簡単に釣らせてくれません。

 

ネコソギdsrはただ投げて巻くだけで釣れる簡単ビックベイト。

ビックベイトに対しての苦手意識をきっと取り払ってくれるはずです。

ネコソギdsrのタックル

ネコソギシリーズに合わせたいタックルで大事なのはロッドとラインです。

このビックベイトはただ巻きがメイン。

だからこそ、ただ巻きにもいろんなバリエーションを増やすためにもレンジというのは意識したいところ。

 

そのレンジコントロールをするのに大事なのがロッドのレングス。

なので、最低でも7フィート以上のロッドを選びたいところです。

パワーに関してはMH以上で投げられればなんでもいいかと。

 

そしてライン。

ラインはあまり難しく考えずにフロロの20ポンドで十分です。

むだに細くして16ポンドにしてもロストしたりキャスト切れしたりといいことがないので、最低でも20ポンド以上で使っていきましょう。

 

そしてリール。

リールは正直なんでもいいですw

それよりもレンジコントロールができるロッドとキャスト切れしないラインを選ぶことが大事です。

まとめ

お1人様1個まで。

釣り具のブンブンに行くと、そんなシールがよく貼ってあるネコソギシリーズ。

 

それぐらいこのビックベイトって人気があるんですよね。

なんかこういった人気のあるルアーって、ミーハーみたいで使う気がしないんです。

でも、実際使ってみて納得。

 

こりゃ人気でるわな。

デザインよし。

キャスタビリティ―よし。

巻き心地よし。

 

もうね、僕もネコソギのファンになりましたよ。

他の釣り人と差がつく記事

no image 1

12月だからって、もうダウンショットとかメタルバイブを使っていませんか?   12月だからって、初売りでタックルを買うことばかり考えていませんか? よーし今年の初売りは16アンタレスDCを買 ...

2

バスアングラーって、リールを選ぶときに一番気にするのがやっぱり飛距離なんじゃないかなと。   理由としては僕自信の経験から。 中学生のときは初代アンタレスに憧れていた。 高校時代はカナモさん ...

3

キュイーン! キャストした瞬間からサラリーマンはバスフィッシャーマンになる。   世の中のお父さん、お仕事お疲れ様です。 嫌な上司、扱いづらい部下。 そういった環境で働いているあなたにこそア ...

-ビックベイト
-

Copyright© バス釣り1ステップ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.