バス釣りをワンランク上のレベルへ上がるためのウェブメディア

バス釣り1ステップ!

バイブレーション

バス釣りにおけるメタルバイブで使いたいロッドとラインについて

投稿日:

メタルバイブを使うときはいつも手がかじかむんだ。

でも、そのさきには手が震えるほどの感動が待っている。

 

バス釣りを1日やりきるのに精神的にも肉体的に厳しい1月とか2月の厳寒期。

バスも生命を維持するのに大変ですが、釣り人も寒いし、釣れないしでしんどい時期です。

 

そんな時期でもバスを釣るチャンスをくれる釣り。

それがメタルバイブの釣りです。

 

リフト&フォールをひたすら繰り返して、いきなりデカバスがきたりするのが真冬のメタルバイブゲーム。

でも1日やりきってバイトチャンスは1、2回くらい。

 

その貴重なバイトを逃してはいけない。

そして1日やりきってバイトが1回しかでないところをロッドのセレクトによって2回ぐらいに増やしたい。

 

バイトをしっかりかけて、バイトチャンスを増やす。

そんなメタルバイブのロッドとラインについて解説していきます。

  スポンサーリンク

メタルバイブは長いロッドとPEラインの組み合わせがベスト

結論からいうと、バス釣りにおけるメタルバイブの釣りにおいてはなるべく長いロッドとPEラインのセレクトがベストです。

理由はいくつかあります。

 

1つはメタルバイブはリフト&フォールをメインに使うルアーであることです。

そしてリフト&フォールって、短い移動距離でしたほうが何度もバスの目の前でアピールできるからバイトチャンスは当然ですが増えます。

 

そのためにはロングロッドがマスト。

短いロッドでリフトしてもメタルバイブは縦にリフトするというよりも横にリフトしていきます。

だから結果として移動距離が大きくてあまりバスにアピールできません。

 

たとえばロングロッドなら1投でリフト&フォールを10回できたとする。

逆にロングロッドではないロッドは1投で7回ぐらいしかリフト&フォールができないといった感じです。

 

なのでメタルバイブを扱うロッドは最低でも7フィート以上のロッドがマストかと。

 

2つ目はメタルバイブは遠投して使うことがほとんどであること。

ここではカスミ水系における護岸際でのメタルバイブの話はナシでwあれはちょっと例外の釣りなので。

 

基本的にカスミ水系以外でのメタルバイブの釣りはディープで使うもの。

だからおかっぱりだったら遠投します。

 

そして、真冬のバスのバイトって浅いんですよね。

だから遠投してバイトさせてもしっかりフッキングできないことがあります。

 

PEラインってすげー飛ぶとかリフト&フォールがよりやりやすくなるとかありますけど、一番はバイトをしっかりかけることができるところです。

フロッグの釣りもPEラインを使いますよね。

あれはフロッグのぶっといハリをバスのあごに貫通させるため。

 

メタルバイブもフロッグの釣りみたいな感じでPEラインを使います。

遠くでバイトしたバスにしっかりバイトさせるためにロッドではなくてラインでフッキングするといった感じ。

まとめ

メタルバイブってリフト&フォールだけの釣りでバイトチャンスも少ないからなんとなくでタックルをセレクトしがち。

だけどロングロッドをチョイスしたり、PEラインで使用するだけで他の釣り人と差がつく釣りです。

 

真冬はみんなメタルバイブを投げます。

だけどしっかり考えたメタルバイブを投げた場合、そのメタルバイブだけバイトチャンスは増えてくるはずです。

これは根拠がないのですが、僕自身が実感していることの1つです。

他の釣り人と差がつく記事

no image 1

12月だからって、もうダウンショットとかメタルバイブを使っていませんか?   12月だからって、初売りでタックルを買うことばかり考えていませんか? よーし今年の初売りは16アンタレスDCを買 ...

2

バスアングラーって、リールを選ぶときに一番気にするのがやっぱり飛距離なんじゃないかなと。   理由としては僕自信の経験から。 中学生のときは初代アンタレスに憧れていた。 高校時代はカナモさん ...

3

キュイーン! キャストした瞬間からサラリーマンはバスフィッシャーマンになる。   世の中のお父さん、お仕事お疲れ様です。 嫌な上司、扱いづらい部下。 そういった環境で働いているあなたにこそア ...

-バイブレーション

Copyright© バス釣り1ステップ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.