バス釣りをワンランク上のレベルへ上がるためのウェブメディア

バス釣り1ステップ!

ミノー(ジャークベイト)

エバーグリーンのフェイスをインプレ!手首が疲れるくらいにジャークをする使い方が定番

更新日:

ジャッ!ジャッ!ピタッ。

ピタッのときにゴゴッ!っとバイトしてくるのがジャークベイトの釣り。

 

真冬~春先にかけてジャークベイトはマストなルアーです。

そして、低水温期のジャークベイトの定番と言ったらエバーグリーンから発売されているフェイスです。

 

モリゾーさんが真冬の取材なんかで必ずと言っていいほど使っているフェイス。

3次元にジャークしてピタッと止まるアクションは、真冬でも信頼して投げ切れるアクションになっています。

 

そんなエバーグリーンからラインナップされているフェイスの特徴と使い方を解説していきます。

  スポンサーリンク

エバーグリーンのフェイスの特徴

フェイスの特徴は以下のとおり。

3次元にイレギュラーダートする

よく飛ぶ

イレギュラーダート

イレギュラーなダートをするのがフェイスの最大の特徴。

サイドステップとかOSPのアシュラなんかは真横にダートするタイプ。

 

それとローテーションさせて使うことによって、真横にダートするバスとイレギュラーダートに反応するバスの両方を狙うことができます。

 

ジグ番長こと菊本さんなんかはよくサイドステップとフェイスの両方を投げていますよね。

よく飛ぶ

OSPのヴァルナとかデプスのバリソンミノーもよく飛ぶけど、このフェイスもキャスタビリティ―に優れているルアーです。

 

春先で向かい風のなかでキャストしないといけない状況なんかでキャスタビリティ―はすごい大事。

そういった意味でもフェイスは飛距離が出るので、どんな状況でもキャストしやすいルアーかと。

エバーグリーンのフェイスの使い方

ジャークベイトって、真横にジャークするタイプと3次元にジャークするタイプがあります。

 

フェイスは3次元にダートするタイプ。

1日フェイスをジャークするのもアリ。

だけど、サイドステップとかアシュラなんかの真横にダートするタイプと併用して使うのが個人的にはおすすめかと。

 

どうしても時期によって、真横にダートするほうがバスの反応が良かったりします。

なのでフェイスだけにこだわらずにアシュラなんかとローテーションさせてガンガン使っていきたいところです。

まとめ

真冬といったらメタルバイブ。

だけど、それだけじゃちょっと心細い。

そういったときに中層攻略として使いたいのがジャークベイトです。

 

そして、フェイスは真冬に強いジャークベイトです。

雪がちらついているときなんかに信じて投げていきたいところです。

他の釣り人と差がつく記事

no image 1

12月だからって、もうダウンショットとかメタルバイブを使っていませんか?   12月だからって、初売りでタックルを買うことばかり考えていませんか? よーし今年の初売りは16アンタレスDCを買 ...

2

バスアングラーって、リールを選ぶときに一番気にするのがやっぱり飛距離なんじゃないかなと。   理由としては僕自信の経験から。 中学生のときは初代アンタレスに憧れていた。 高校時代はカナモさん ...

3

キュイーン! キャストした瞬間からサラリーマンはバスフィッシャーマンになる。   世の中のお父さん、お仕事お疲れ様です。 嫌な上司、扱いづらい部下。 そういった環境で働いているあなたにこそア ...

-ミノー(ジャークベイト)
-

Copyright© バス釣り1ステップ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.