バス釣りをワンランク上のレベルへ上がるためのウェブメディア

バス釣り1ステップ!

ベイトリール

アブガルシアの19レボビースト40をインプレ!ビックベイトで安定して飛距離を出してゴリゴリに使っていく

更新日:

ビーストですよ。

獣ですよ。

ごはんですよ。

 

ということで、2019年に発売される19レボビースト。

スプール径が37.5ミリとデカくてラインキャパも豊富でボディもガチガチな剛性を誇っているレボビースト。

 

これからビックベイトをやりこんでいくなら検討したい19レボビーストのスペックをみて管理人が感じた印象をまとめました。

  スポンサーリンク

アブガルシアの19レボビースト4ポンド100m0のスペック

19レボビーストのスペックは以下のとおり。

自重・・・270g

糸巻き量・・・30ポンド100m

最大ドラグ力・・・14kg

ギア比・・・5.8と7.3

スプール径・・・37.5ミリ

30ポンド100m巻けるという驚異的なスペックと最大ドラグ力14kgという驚異的なドラグ力。

 

力こそパワー。

パワーこそ釣果への道。

 

ビックベイトをどっばーんと投げ込んでゴリゴリ使っていく釣りには十分ではないかと。

37.5ミリのスプール径でビックベイトを安定して飛距離を出せる

メタニウムmglとアンタレス。

どっちがビックベイトをキャストしやすいですかね。

 

結論からいうと、

明らかにアンタレス。

 

理由はスプール径の大きさの違い。

一般的にスプール径が大きいほどに重いルアーをキャストしやすいです。

 

だってベイトフィネスのリールでビックベイトをキャストする人なんていないでしょ。

 

アンタレスのスプール径は37ミリ。

メタニウムmglのスプール径は34ミリ。

 

そしてアンタレスはビックベイトはキャストがしやすい。

理由はスプール径が37ミリとデカいから。

そして19レボビーストもスプール径が37.5ミリということで当然ビックベイトを安定して飛距離を出せるはずです。

ボディも剛性があるから安心

エバーグリーンなんかのバラムとかスライドスイマー250をフルキャスト。

これって、アングラーに相当な負荷がかかります。

それと同様にリールにも負荷がかかります。

 

でも、19レボビースト40ってボディがアルミでできているからマグナムベイトサイズのキャストでも耐えるリールに仕上がっています。

まとめ

フロッグとかパンチングを使ったPEの釣りならレボブラックナインとかレボビックシューターコンパクト。

レボブラックナインのインプレ

レボビックシューターコンパクトのインプレ

だけど、バラムなんかのマグナムクラスを投げ込んでいくならスプール径が37.5ミリよりもデカい19レボビーストのほうがベストかと。

他の釣り人と差がつく記事

no image 1

12月だからって、もうダウンショットとかメタルバイブを使っていませんか?   12月だからって、初売りでタックルを買うことばかり考えていませんか? よーし今年の初売りは16アンタレスDCを買 ...

2

バスアングラーって、リールを選ぶときに一番気にするのがやっぱり飛距離なんじゃないかなと。   理由としては僕自信の経験から。 中学生のときは初代アンタレスに憧れていた。 高校時代はカナモさん ...

3

キュイーン! キャストした瞬間からサラリーマンはバスフィッシャーマンになる。   世の中のお父さん、お仕事お疲れ様です。 嫌な上司、扱いづらい部下。 そういった環境で働いているあなたにこそア ...

-ベイトリール
-

Copyright© バス釣り1ステップ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.