バス釣りをワンランク上のレベルへ上がるためのウェブメディア

バス釣り1ステップ!

スモラバ

エグシュンが好きな僕がエグダマの使い方と合わせたいトレーラーを解説

投稿日:

スモラバといえば江口俊介プロことエグシュンさん。

江口さんがジャクソン時代にプロデュースしたエグジグだったりエグジグハイパーは今でもスモラバの定番ルアーになっています。

 

スモラバといえばエグジグ。

かなり釣り人がそう答えても不思議ではないぐらい有名なエグジグです。

 

そのほかにもリアクションボムだったり、デリシャスシャイナーだったりと。

釣り人が使ってみたいと実際によく釣れるを両立しているのルアーをプロデュースする力がある江口さん。

 

そんな江口さんがレイドジャパンに移籍してプロデュースしたらしいじゃないですか、スモラバを!

 

その名も、

エグダマ!!

いかにもエグシュンさんがプロデュースしたことがわかるネーミングです。

 

そんなレイドジャパンからラインナップされているエグダマの特徴と使い方と合わせたいトレーラーを解説していきます。

  スポンサーリンク

エグダマは水平姿勢が特徴

このエグダマの最大の特徴はなんといっても、

水平姿勢!

 

川村光太郎さんがよくするマイクロピッチシェイク。

あの釣りの最大のキモって、ルアーが水平姿勢であること。

 

水平だからバスもベイトフィッシュと勘違いしてバイトを誘発しやすい。

だからスモラバをマイクロピッチシェイクするときは水平姿勢をかなり意識して使うことがキーになります。

 

でも、ラインがちょっとズレたりするだけで水平姿勢は崩れちゃいます。

そういったことを意識してリリースされたのがエグダマ。

 

エグダマはラインのアイの位置とヘッド形状をこだわることによって、水平姿勢を維持してくれるスモラバになっています。

 

マイクロピッチシェイクだったり、ウッドカバーなんかに引っ掛けてのちょうちん釣り。

そういった釣りにガンガン使っていきたいスモラバです。

エグダマの使い方

このエグダマはボトムとかをネチネチシェイクしながら使うバーサタイルなスモラバではないです。

 

ちょうちん釣りだったり、マイクロピッチシェイクを使って、ピンスポットでネチネチ中層を誘うのがエグダマです。

 

野池だったら、オーバーハングの枝にラインを引っ掛けてちょうちん釣り。

いい感じにエグダマが水平姿勢を保って、中層でバスを誘うことができます。

 

PEラインを組み合わせてのパワーフィネスタックルでライトカバーにエグダマを突っ込ませて使っていきたいところですね。

エグダマに合わせたいトレーラー

定番どころだとゲーリーヤマモトの3インチグラブのテールをカットしたワームとか、レイドジャパンからエグバグなんかが最適です。

 

大事なのはエグダマとの一体感があること。

 

あくまでもエグダマの水平姿勢が維持されて、ラバーのフレアがきれいに出るワームを選ぶことがキーになってきます。

まとめ

エグダマって、明らかに他のスモラバと使い分けができます。

それはエグダマがピンスポットでの釣りに特化しているから。

 

バーサタイルに使いたいならエグジグ。

そしてちょうちん釣りとかマイクロピッチシェイクの釣りならエグダマという選択がこれからハマっていきそうです。

他の釣り人と差がつく記事

no image 1

12月だからって、もうダウンショットとかメタルバイブを使っていませんか?   12月だからって、初売りでタックルを買うことばかり考えていませんか? よーし今年の初売りは16アンタレスDCを買 ...

2

バスアングラーって、リールを選ぶときに一番気にするのがやっぱり飛距離なんじゃないかなと。   理由としては僕自信の経験から。 中学生のときは初代アンタレスに憧れていた。 高校時代はカナモさん ...

3

キュイーン! キャストした瞬間からサラリーマンはバスフィッシャーマンになる。   世の中のお父さん、お仕事お疲れ様です。 嫌な上司、扱いづらい部下。 そういった環境で働いているあなたにこそア ...

-スモラバ
-

Copyright© バス釣り1ステップ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.