バス釣りをワンランク上のレベルへ上がるためのウェブメディア

バス釣り1ステップ!

ベイトリール

19カルカッタコンクエストDC200と14カルカッタコンクエスト200を比較してみた

投稿日:

巻きの王道。

釣れなくてもいい、ただクランクベイトをひたすら巻きたいんだ。

 

そういった人が大抵選ぶのがカルカッタコンクエスト。

さらにそのなかでもDCモデルか遠心ブレーキモデルにわかれます。

 

それが19カルカッタコンクエス200と14カルカッタコンクエスト200。

どちらも優秀なリールであることは間違いない。

 

そんな2つのリールを比較してみました。

  スポンサーリンク

どちらのリールもスペックは似ている

19カルカッタコンクエストDC200と14カルカッタコンクエスト200のスペックはどちらも似ています。

 

ただ、19カルカッタコンクエストのほうが20g自重が重いです。

これは当然といえば当然の話。

 

なぜならDCブレーキが搭載されているから。

そして、19カルカッタコンクエスト200DCは、14カルコンにない機能が搭載されています。

 

それがマグナムライトスプールの存在です。

19カルコンDCにはマグナムライトスプールが搭載

DCブレーキが搭載されていて、トラブルレス。

そして、第2世代のマグナムライトスプールが搭載されているということで、飛距離が伸びる。

 

それでいて、最高の巻き心地。

もうさ、1日中ディープクランクとかスイムジグの釣りする人はにとって、19カルコンDCはかなりの武器になることは間違いないかと。

デザインが嫌じゃなかったら19カルコンDC

14カルコンももちろん素晴らしいリール。

それは間違いない。

 

だけど、14カルコンが発売されて5年後に19カルカッタコンクエストDCに発売されています。

 

毎年のようにシマノのリールは進化しています。

当然、19カルコンDCのほうが性能がいい。

 

なので、これから本格的に丸形ベイトリールを探している人は19カルコンという選択ではないかと。

 

とくに琵琶湖のボートなんかでディープクランクなんかを投げまくる人はなおさら。

 

トラブルレスな釣りをしてこそ、巻きだけに集中できる。

ただ、リールって性能だけじゃないですよね。

 

自分がかっこいいと思うリールを使うからこそ、モチベーションが上がって1日集中して釣りができる。

 

14カルコン200のほうがゴールドでかっこいい!

そういった理由で14カルカッタコンクエストを選ぶのもアリです。

 

以上、19カルカッタコンクエストDC200と14カルカッタコンクエスト200の比較でした。

19カルカッタコンクエストDC200の評細

14カルカッタコンクエスト200の評細

他の釣り人と差がつく記事

no image 1

12月だからって、もうダウンショットとかメタルバイブを使っていませんか?   12月だからって、初売りでタックルを買うことばかり考えていませんか? よーし今年の初売りは16アンタレスDCを買 ...

2

バスアングラーって、リールを選ぶときに一番気にするのがやっぱり飛距離なんじゃないかなと。   理由としては僕自信の経験から。 中学生のときは初代アンタレスに憧れていた。 高校時代はカナモさん ...

3

キュイーン! キャストした瞬間からサラリーマンはバスフィッシャーマンになる。   世の中のお父さん、お仕事お疲れ様です。 嫌な上司、扱いづらい部下。 そういった環境で働いているあなたにこそア ...

-ベイトリール
-

Copyright© バス釣り1ステップ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.