バス釣りをワンランク上のレベルへ上がるためのウェブメディア

バス釣り1ステップ!

ベイトロッド

シマノのゾディアス1510Mー2でオカッパリしたら絶対楽しい

投稿日:

今の時代ショートロッドってどれくらいのレングスからいうのだろうか?

 

僕の中では6.3フィート以下からショートロッドかと。

理由としては圧倒的にルアーのキャストフィールが違うのと操作性が大きく異なるから。

 

うわーすげークイックにテキサスリグ動かせているわー。

そんな感じでリグを繊細に操作できるのがショートロッドの強み。

それとキャストがしやすい。

 

ロングロッドであればあるほどにロングキャストはしやすくなりますが、キャスト精度は落ちるもの。

逆に言えばショートロッドであればあるほどキャスト精度は良くなります。

 

そんな使う人によっては絶対に楽しいショートロッド。

そんな中で霞ヶ浦水系のオカッパリとか野池なんかでのショートキャストがメインの人なら使いたいショートロッドがありました。

 

それがシマノからラインナップされているゾディアス1510Mー2。

5.10フィートというレングスでショートキャストもリグの操作性も良さそう。

 

そんなシマノからラインナップされているゾディアス1510M−2の特徴を解説していきます。

  スポンサーリンク

ゾディアス1510M−2の特徴

ゾディアス1510M−2の特徴は以下の通り。

繊細なアクションができる

他のメーカーにはなかなかラインナップされていない超ショートロッド

繊細なアクションができる

トーナメンターがガチガチで使っているフィネスロッドって、レングスがかなり短くないですか?

スモラバとかネコリグをひたすらシェイクしたい。

 

そういった釣りにはほとんどのアングラーがショートロッドを選んでいます。

理由はリグを繊細に操作できるから。

 

それくらいにショートロッドってリグを繊細にアクションすることができます。

それはベイトロッドでも同じこと。

 

ショートロッドであるということで繊細なアクションをさせることができます。

そしてゾディアス1510M−2は限りなくレングスが短いのでテキサスリグだったりジャークベイトのジャークがしやすいのは明らか。

 

飛距離というよりもルアーの操作性を重視したいボートの釣りだったり霞ヶ浦水系の釣りではゾディアス1510M−2はいいかもしれないですね。

市場にはなかなか売っていないスペック

このシマノのゾディアス1510M−2ってかなり尖っているロッドです。

バスロッドの中で最も人気のあるスペックが1610M。

 

それはオカッパリでロングキャストもショートキャストも対応することができるから。

だけどゾディアス1510M−2はロングキャストというよりもリグの操作性に特化しているようなモデル。

 

これはシマノさん挑戦しましたねと言いたくなるモデルです。

だからこそ他のメーカーにはラインナップされていないからこそレアであることは確かかと。

まとめ

シマノのゾディアスシリーズの中でもかなりレングスが短い部類に入るモデルである1510M−2。

これくらい尖っていると迷う気持ちもわかります。

 

だけどさ、価格的に買いやすいし釣り人の経験値を上げるという意味でも購入してもいいんじゃない?

別に失敗しても、

あー俺にはショートロッドが向いていないんだな。

 

それがわかるだけでも立派なアングラーの成長だと思うんですけど。

まあショートロッドってかなり使えるロッドだから一度は使っておきたいですね。

他の釣り人と差がつく記事

no image 1

12月だからって、もうダウンショットとかメタルバイブを使っていませんか?   12月だからって、初売りでタックルを買うことばかり考えていませんか? よーし今年の初売りは16アンタレスDCを買 ...

2

バスアングラーって、リールを選ぶときに一番気にするのがやっぱり飛距離なんじゃないかなと。   理由としては僕自信の経験から。 中学生のときは初代アンタレスに憧れていた。 高校時代はカナモさん ...

3

キュイーン! キャストした瞬間からサラリーマンはバスフィッシャーマンになる。   世の中のお父さん、お仕事お疲れ様です。 嫌な上司、扱いづらい部下。 そういった環境で働いているあなたにこそア ...

-ベイトロッド
-,

Copyright© バス釣り1ステップ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.