バス釣りをワンランク上のレベルへ上がるためのウェブメディア

バス釣り1ステップ!

ワーム

ボトムアップのヴァラップスイマー4.2インチの使い方と合わせたいタックルを解説

投稿日:

ボトムアップからシャッドテールワームがリリースされましたね。

 

ボトムアップのワームは圧倒的に信頼できる。

なぜなら川村光太郎さんがプロデュースしているから。

 

そして川村光太郎さんがプロデュースしたワームはどれもよく釣れる。

だから当然ヴァラップスイマーも釣れます。

 

そんなヴァラップスイマー4.2インチの特徴と使い方と合わせたいタックルを解説していきます。

  スポンサーリンク

ボトムアップのヴァラップスイマーの特徴

ボトムアップからリリースされているヴァラップスイマー4.2インチの特徴は以下のとおり。

タイトアクション

スローに動かしてもしっかりアクションしてくれる

シャッドテールワームのキモとなるゆっくり巻いてもしっかりアクションしてくれる。

 

それをしっかり備えているのはヴァラップスイマーのいいところです。

なんかの動画でみたのですが、今江さんが今の時代は水面直下がキーになることを言っていました。

 

このヴァラップスイマー4.2インチはその水面直下をゆっくり引けるという意味でもかなりアングラーを助けてくれる存在になるのではないかと。

ヴァラップスイマー4.2の使い方

シャッドテールワームの使い方ってノーシンカーとかスイムジグのトレーラーとして使うのが一般的。

 

そしてこのワームの特徴をしっかり引き出すにはやっぱりノーシンカー。

水平姿勢でゆっくり巻いてもタイトピッチに泳いでくれる。

 

それを活かすにはノーシンカーでしょ!

オーバーハングの下、ウッドカバー周辺、アシ際。

 

そういったところをゆっくり巻いて短い移動距離でアピールできるヴァラップスイマー4.2インチはかなりの強みです。

 

いまは目に見えるカバーはアングラーが入れ替わりで狙います。

それよりも回遊しているバスをいかに釣るか?

 

そのときが役に立つのがヴァラップスイマーですよね。

回遊しているバスを効率よくサーチできるって素晴らしいです。

ヴァラップスイマー4.2インチに合わせたいタックル

ボトムアップのヴァラップスイマー4.2インチに合わせたいタックルは以下のとおり。

ちなみにノーシンカーで使った時のシチュエーションで紹介しています。

ロッドはML~Mパワー

リールはなんでもいい

ラインは10ポンド~14ポンド

個人的にはこれぐらいが目安。

ラインは欲張って16ポンドとか使いたくなるんだけどこのワームのアクションはしっかり引き出すにはアクション優先でいきたいところ。

 

そのためにラインは若干細めのセレクトで選んでいます。

まとめ

おかっぱりで信頼しているバスプロを教えてください?

そう聞かれたら、

「はい、川村光太郎さんです」

僕だったらそう答えますね。

 

理由は情熱が半端ないから。

陸王の動画とか見ればわかりますが、ガチ勢の枠を越しています。

 

この人の作ったものは間違いない。なぜか僕はそう思ってしまいます。

それはあなたも同じではないでしょうか?

 

使うたびに新たな発見をくれてアングラーとしてのレベルを上げてくれるボトムアップのワーム。

これからもボトムアップのルアーには注目していきたいですね。

他の釣り人と差がつく記事

no image 1

12月だからって、もうダウンショットとかメタルバイブを使っていませんか?   12月だからって、初売りでタックルを買うことばかり考えていませんか? よーし今年の初売りは16アンタレスDCを買 ...

2

バスアングラーって、リールを選ぶときに一番気にするのがやっぱり飛距離なんじゃないかなと。   理由としては僕自信の経験から。 中学生のときは初代アンタレスに憧れていた。 高校時代はカナモさん ...

3

キュイーン! キャストした瞬間からサラリーマンはバスフィッシャーマンになる。   世の中のお父さん、お仕事お疲れ様です。 嫌な上司、扱いづらい部下。 そういった環境で働いているあなたにこそア ...

-ワーム
-

Copyright© バス釣り1ステップ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.