バス釣りをワンランク上のレベルへ上がるためのウェブメディア

バス釣り1ステップ!

【PR】この記事には広告を含む場合があります

I字系

シマノのジジル70のインプレをまとめました

投稿日:

シマノのジジル70は、最新のジョイントi字ミノーとして注目を浴びています。その独自のジョイント設計は、微細な変化でも瀕死の魚を模倣したベントアクションを可能にしています。この特徴により、リトリーブ時にはi字系の動きを、トウィッチ時には浮遊するベイトが再び泳ぐようなダートアクションを再現します。そのアクションは、従来のi字系ルアーが示す単調なノーアクションとは一線を画し、独特の動きを持つため、魚が他のルアーに見切りをつけた状況でも反応を引き出すことが可能です。

さらに、ジジル70は細部にわたる設計にこだわりが見られ、ファイバーテイルのボリューム、長さ、角度などが緻密に調整されています。もし、このファイバーテイルが曲がってしまった場合でも、水に浸せば元の形に戻るという利点も持っています。

ジジル70にはフローティングモデルとシンキングモデルの2つが存在し、それぞれ異なるシチュエーションに最適化されています。フローティングモデルは、特に瀕死のベイトフィッシュを模倣した演出に適しており、シンキングモデルは一定速度で泳ぎ続けるベイトフィッシュの模倣に最適です。シンキングモデルには赤い目が特徴で、これにより2つのモデルを簡単に識別できます。

また、ルアーのサイズも魚の反応に影響を与えるため、季節や状況に応じて適切なサイズのルアーを選ぶことが重要です。ジジル70は春のワカサギや稚鮎に似ているため、これらのベイトフィッシュが主食となる時期には特に効果を発揮します。

ジジル70を最大限に活かすためのタックル選びも欠かせません。ロングキャストが有効となる場面が多いため、6フィート後半から7フィートクラスのLパワーロッドが推奨されています。ラインについては、飛距離を重視する場合は0.6号以下のPEラインと4~6lbのリーダーを組み合わせるのが良いでしょう。一方、フロロカーボンラインを直結する場合は、4~6lbのラインがオススメです。

  スポンサーリンク

ジジル70のインプレ


-I字系
-

Copyright© バス釣り1ステップ! , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.