バス釣りをワンランク上のレベルへ上がるためのウェブメディア

バス釣り1ステップ!

スピニングリール

ダイワの18フリームスLT2000Sのインプレ!レガリスLTと比較してみる

投稿日:

初心者から上級者まで納得の性能。

それがダイワからラインナップされているフリームスLTです。

 

バス釣りに求められるスピニングリールの性能。

それは、

リールの軽さ、ライトラインをラインブレイクさせないドラグ、ライントラブルがおきないスプール形状。

そして、ある程度の剛性。

 

これらの要素を確実に満たしているのがフリームスLTシリーズです。

 

そんなダイワのフリームスLT2000Sのスペックと特徴を解説していきます。

  スポンサーリンク

ダイワのフリームスLT2000Sのスペック

ダイワからラインナップされているフリームスLT2000Sのスペックは以下のとおり。

自重・・・190g

糸巻き量・・・3ポンド150m

ギア比・・・5.2(ハンドル1回転あたりの糸巻き量68㎝)

糸巻き量もライトリグを扱うのに最適なスペックだし、自重も190gと軽い。

 

普段はルビアスなんかのミドルグレードを使っている人でもサブのリールとして使うには十分なリールではないかと。

レガリスLT2000Sとの比較

レガリスLT2000SとフリームスLT2000S。

どちらも似ているスペックだし、機能もほとんど同じ。

 

さすが、僕もどちらがいいか迷います。

正直なところ、どっちでもいいんじゃないのかなと思いますw

 

ただ、フリームスLT2000Sにはロングキャストスプールが搭載されているのがいいところ。

 

4インチカットテールのノーシンカーをより飛距離を出して使いたい!

そういった人はレガリスLT2000Sよりも、フリームスLT2000Sを使ったほうがいいのは明らかです。

まとめ

軽量でタフ。

そんなコンセプトのLTコンセプト。

 

そのLTコンセプトが搭載されているフリームスLTは価格も比較的買いやすいしサブのリールとしていいのではないかと。

 

1つしかスピニングタックルしか持っていない。

そういった人はサブのタックルとしてフリームスLTを買うのもいいかと。

 

例えば真冬だけメタルバイブをPEラインで使いたい。

そういったときにフリームスLTなら十分な性能だし、価格もお手頃。

 

そんな感じで僕は買うでしょうね。

他の釣り人と差がつく記事

no image 1

12月だからって、もうダウンショットとかメタルバイブを使っていませんか?   12月だからって、初売りでタックルを買うことばかり考えていませんか? よーし今年の初売りは16アンタレスDCを買 ...

2

バスアングラーって、リールを選ぶときに一番気にするのがやっぱり飛距離なんじゃないかなと。   理由としては僕自信の経験から。 中学生のときは初代アンタレスに憧れていた。 高校時代はカナモさん ...

3

キュイーン! キャストした瞬間からサラリーマンはバスフィッシャーマンになる。   世の中のお父さん、お仕事お疲れ様です。 嫌な上司、扱いづらい部下。 そういった環境で働いているあなたにこそア ...

-スピニングリール
-

Copyright© バス釣り1ステップ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.