バス釣りをワンランク上のレベルへ上がるためのウェブメディア

バス釣り1ステップ!

ベイトロッド

デプスのグングニル962HRの特徴について解説!パンチングとかフロッグなんかにガンガン使っていきたい

投稿日:

デプスからおもしろいロッドが発売されましたよね。

その名も、

グングニル!

 

バンプオブチキンでもグングニルっていう名曲があるように、

きっとこのデプスのグングニル962HRも名作ロッドになるかと。

 

ということでデプスからラインナップされているグングニル962HRの特徴についてまとめました。

  スポンサーリンク

デプスのグングニル962HRの特徴

デプスからラインナップされているグングニル962HRの特徴は以下のとおり。

9フィート越えのロングフリッピングロッド

おかっぱりでも有利に働く

この2つがこのロッドのいいところかと。

9フィート越えのロングロッド

長いフリッピングロッドでも8フィートぐらい。

だけど、このグングニル962HRは9フィート越えです。

 

この長さからくるピッチングはきっとかなりやりやすいし、フッキングもより垂直方向にすることができて、使いこなせるならぜひとも使いたいロッドといった感じの仕上がりになっています。

おかっぱりで重宝する

このグングニル962HRはおかっぱりでも有効に使うことができるロッドになっています。

プロデュースしたまっつんこと松下さんも実際におかっぱりの動画でグングニルの有効性をしっかり解説しています。

 

9フィート越えのレングスからくる飛距離。

そして、足場が悪くてラインをメンディングできる、ラインコントロール力。

 

もうね、がっちりした体型の人がこれにアンタレスdcとか組み合わせたら驚異的に飛んじゃうんじゃないの?ってくらいおかっぱりでは武器になるはずです。

個人的にフロッグで使いたい

もしも、僕がこのグングニル962HRを使うんだったら、バスタークなんかのフロッグをぶっ飛ばして使いたいかなと。

とくにおかっぱり。

 

対岸のオーバーハングに入れればバイトチャンスがある。

だけど届かない。

 

そういったときにこういったグングニルのようなロングロッドなら可能性がありますよね。

ということで個人的にはグングニルを使って飛距離を意識したオカッパリゲームをしたいなといった感じです。

まとめ

時代の進歩によって、リールは進化しました。

かつてのハイギアはノーマルギアという認識になってエクストラハイギアの登場。

 

そして7フィートがロングロッドという認識もなくなりつつあり、現在は9フィート越えのロッドが登場されています。

あまり硬い考えをもたずに素直に9フィート越えのロッドを触ってみるのもいいかもしれないですね。

他の釣り人と差がつく記事

no image 1

12月だからって、もうダウンショットとかメタルバイブを使っていませんか?   12月だからって、初売りでタックルを買うことばかり考えていませんか? よーし今年の初売りは16アンタレスDCを買 ...

2

バスアングラーって、リールを選ぶときに一番気にするのがやっぱり飛距離なんじゃないかなと。   理由としては僕自信の経験から。 中学生のときは初代アンタレスに憧れていた。 高校時代はカナモさん ...

3

キュイーン! キャストした瞬間からサラリーマンはバスフィッシャーマンになる。   世の中のお父さん、お仕事お疲れ様です。 嫌な上司、扱いづらい部下。 そういった環境で働いているあなたにこそア ...

-ベイトロッド
-

Copyright© バス釣り1ステップ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.